読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

こけめも

メモみたいなもの

コマンドプロンプト その001

職場で使っているWindows用batファイル(コマンド)紹介。
ライトユーザーなんで初歩的なものばかりですが、まさしく防備録ということで。

ログイン

任意のサーバーにログインします。

 net use (server) (passsword) /user:(username)

例)
ログイン先が\\192.16.1.23、
ユーザー名kokemono、パスワードkokepassとすると…

 > net use \\192.16.1.23 kokepass /user:kokemono
応用編

下記コマンドでログアウト(切断)

 net use (server) /delete

(server) にアスタリスクを指定すると、全接続対象。
なんかログインに失敗する、別のアカウントでログインしたい場合は一度切断するとログインできたりします。
その際は、開いてるフォルダも閉じてね。

ネットワーク設定変更

TCP/IPの設定(固定IP・DHCPDNS設定など)を切り替えます。
1.下準備
現在の設定をファイルに書き出します。 これはbatではなくあらかじめ行っておく必要あり。

 netsh interface dump
 現在の構成を含むスクリプトを作成します。
 このスクリプトは、ファイルに保存すると、
 変更された構成の設定を復元するのに使用できます。

というわけで、ファイルに保存します。

 netsh interface dump > C:\kokemono.txt

2.スクリプト実行
作成したスクリプトの構成を復元します。

 netsh exec C:\kokemono.txt

ポート使用状況調査

PCのポートを使用しているプロセスを調査します。
1.ポートとプロセスID関連調査

 netstat -ao

こういった結果が表示されます。

今回の目的でポイントはここ

またはここ

上記より、ポートを使用しているプロセスのIDが分かります。

2.プロセスID調査
プロセスIDだけじゃ分からないので、プロセスIDとプロセス名の対応を見ます。

  1. タスクマネージャー起動
  2. プロセスタブ移動
  3. 表示->列の選択->PIDにチェックを入れる

アプリを起動した際に、「ポートが既に使われているため失敗した」みたいなメッセージが表示されることがあったんでメモ。

                                                          • -

うーん、ネタがないです。
ハード知識ない、
かと言ってがっつりコード組むわけでもない、
かと言って仕様・アーキテクトが得意というわけでもない。
今まとまった時間取れないんで趣味プログラミングも停滞中。

なんと中途半端な組込プログラマ